仕事の効率化に欠かせない「段取り」の考え方

仕事の段取りをうまく考えて仕事の出来る人になる

段取りを組む

優先順位を考える

やるべき作業をピックアップしていき、作業の内容や種類を整理しましょう。
その上で、優先順位をつけていきます。
まず一番気にするべきなのが仕事の期限です。
ここをおろそかにすると、仕事が終わらずに期限が過ぎてしまうなんてこともあります。
仕事の内容の重さや緊急度に応じて、優先順位をつけ、その優先順位が高い順に作業を行っていくのです。
万が一、作業が間に合わないという時には、優先順位が低い作業は他の人に頼んだり、行わないということも選択肢の一つです。
この優先順位付けがうまく出来る、出来ないが仕事の出来る人と出来ない人の差になるポイントです。
最初はうまく出来なくても、何度も繰り返し行ううちに、うまく優先順位付けが出来るようになっていくので諦めず挑戦しましょう。

目先の目標を決める

大きな仕事のゴールの前に、いくつか小さな目標を決めることも必要になります。
それは様々な仕事を抱え、一つの仕事内容だけに集中出来ない多くの方に重要なポイントです。
段取りを立てても大きな目標だけでは漠然とし、何から取り組めばいいか迷ってしまうので、この時間はこの作業をクリアするなど、簡単な目標を設けることによって、現在の段階を一目で分かるようになります。
また小さな目標でも着実に達成していくことは、モチベーションの維持にもつながりますのでおすすめです。
小さな目標でも未達成が続いてしまうと、仕事が進んでいないということなので、周りへ相談するきっかけにもなります。
仕事には段取りももちろんですが、周りへの報告連絡相談(ホウレンソウ)が大切です。


▲先頭へ戻る