仕事の効率化に欠かせない「段取り」の考え方

仕事の段取りをうまく考えて仕事の出来る人になる

段取りをいつするか

空き時間を活用する

いざ段取りを考えるというと、実際に時間を作って一から考えないといけないのが面倒ですよね。
ではどうしたら楽に段取りを考えることが出来るのか。
段取りは早めに考えるにこしたことはありません。
おすすめなのは、空き時間を活用する方法です。
空き時間に少しずつ作業や仕事の段取りについて考えておけば、一から考える必要もなく、もっとすんなり取り組みやすくなるでしょう。
普段から仕事のことを考えるのは嫌という方でも、仕事の合間に出来た空き時間になら、考えやすいのではないでしょうか。
段取りを考えるということは、最初から得意な方ばかりではありません。
段取りが苦手な方は少しずつ出来るところから着手していき、苦手意識を薄れさせるのがおすすめです。

マニュアルを作る

仕事というのは多くの場合、一人だけで行うものではありません。
様々な作業を色々な人間が同時に行い、最終的に一つの成果になることが多いでしょう。
そこで企業での段取りに欠かせないのが、段取りをマニュアル化することです。
マニュアル化すれば、段取りが苦手な方でも仕事の出来る方と同じように段取りを組むことが可能になるだけでなく、作業計画段階での漏れも少なくなります。
ミスが少なくなればそれだけ仕事に集中することが出来るので、会社単位でなくとも、部署やチーム単位でマニュアルを作成し共有するのがおすすめです。
共有することにより、自分の段取りに足りない部分があれば指摘してもらえるメリットがあります。
ぜひ段取りをうまく考える方法を身につけ、効率の良い仕事を行ってください。


▲先頭へ戻る